看護師の退職方法

退職することになったら注意する点とは?

看護師の退職方法

退職をすることになったら、どのようなことに注意していけば良いのでしょうか。 また、流れなどについてもチェックしてみましょう。

看護師を退職することになった場合、まずは上司に対して退職の意思を伝えなければなりません。 ここでの注意点として挙げられるのが、退職をすることを先に同僚や看護部長に話さないようにするということです。

病院であればほとんどの場合は、直属の上司である師長に伝える形になるでしょう。 先に同僚に話したところを、同僚の口から上司の耳に入ってしまい気分を悪くさせてしまったというケースもあるようです。

こういったことにならないように、トラブルを防ぐためにも退職の意思は上司に直接伝えましょう。

法律的には14日前まで退職を伝えれば良いとされているのですが、看護師の仕事には様々な引き継ぎ業務が含まれます。 そのため、14日前では少し遅いでしょう。

一般的には、遅くとも退職の2ヶ月前までには伝えておいた方が良いです。 可能であれば3ヶ月前に伝えましょう。

また、こういったことが就業規則などで決められているケースもあるため、そちらを確認した上でいつ退職の意思を伝えるのか考える必要もあります。

ただ、職場によっては人手が足りないなどの理由から引き止められてしまうこともありますよね。 勤務条件などに不満があって職場を離れようと思っている場合、それを改善してもらえるようなケースであれば引き止めに応じても良いかもしれません。

ですが、どうしても限界を感じているということであれば無理をすることなく、退職を貫きましょう。

あとは退職日を上司と相談しながら決め、退職願を提出したら業務の引き継ぎを行います。

退職日の2日前までにはロッカーの中身などをすべて整理し、社会保険や年金・所得税の手続きについても確認しておかなければなりません。

IDやユニフォームといった返却物などもあるので、忘れないようにしましょう。 慌てて退職をしてしまうと、引き継ぎのミスやトラブルに繋がってしまうこともあるので、余裕をもって退職の準備をしていきたいですね。