看護師と准看護師の資格

看護師と准看護師のちがいとは?

看護師と准看護師の資格

看護師になる為には国家試験にクリアして資格を取得しなくてはなりません。看護師の職につく為に必要な資格は2種類あり、どちらも試験をクリアすることで初めて看護師になることができますが、いくつかの違いがあります。

【看護師資格】…国家試験を受けて合格すれば取得できる。
【准看護師資格】…都道府県知事試験を受けて合格すれば取得できる。

この看護師資格が准看護師資格のいずれかを持っていれば看護師として働くことができます。 看護師は厚生大臣の免許を受ける必要があり、傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話や診療の補助を行う者と定められています。

一方で准看護師は都道府県知事免許を受けて、医師、歯科医、看護師の指示を受けて傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話や診療の補助を行う者と定められており、双方の業務内容が区別されています。

これらは保健師助産師看護師法で定められています。准看護師は医師や看護師の指示のもとに仕事を行うことが仕事となります。一般的な企業でいうと、准看護師の上司が看護師ということになります。

看護師資格を得るには看護学校で3年以上学ぶ必要があるため、早く看護師として働きたいならまず2年間看護学校で勉強し、准看護師の資格を取るといいでしょう。准看護師として働きながら看護師を目指すことも可能です。

近年では看護大学が増え、高学歴化が瞬く間に進んでいます。また、看護師からのキャリアアップも可能で、認定看護師や専門看護師、認定看護管理者という高度な認定資格試験が実施されています。

がん患者、救急看護など特定の看護分野にわけて認定されており、専門性が問われる現場で活躍したいなら目指すべき資格だと言えます。

看護師にも様々な資格があるので、自分の目指す方向を定めてキャリアアップが可能ですし、専門分野を学ぶことでスキルや知識をどんどん高めていけます。これからも活躍の場が広がると予想されるので、こういった専門分野に長けた看護師が重宝されるのではないでしょうか。