育児中の看護師の転職~院内保育

ママさん看護師が働きやすい職場とは?

育児中の看護師の転職~院内保育

看護師は、まだまだ女性占める割合が高い職業です。女性が多いという事は、看護師本人にも結婚や子育てなど女性の人生ならではのイベントを経験する可能性が大いにあるという事ですね。

そうなれば家事や育児などのプライベートと、看護師としてのお仕事との両立問題が大きなテーマになってくるのではないでしょうか。

「子育て中で、小さなお子さんを亞づけるところがない・・・。」とお悩みなのであれば、転職先として院内保育を完備した病院を視野に入れてみて下さい。子育てとお仕事を両立させる看護師も大勢存在しているのです。

院内保育とは、昼夜を問わず働いている看護師のお母さんを利用対象にした保育園が存在していない為、病院がその病院の中に設置した託児施設の事を指します。近年では女性の社会進出という言葉をよく耳にしますので、様々な場所で働くお母さん達を支える体制を見受ける事が出来る様になってきました。

しかし、考えてみれば看護師という職業は「看護婦」とも呼ばれ、女性の仕事としてかなり昔から存在していたはずですよね。女性の看護師が働く為には、その子供達を安心して預ける事が出来る状況を作る事が不可欠であったはずなのです。

ところが、公的な保育制度ではカバーできていない状態が長年続いていたと言われています。院内保育は、そんな働くお母さん看護師の子育てと、看護師としての仕事を両立させる為に作られた保育施設なのです。

それに加え、近年、医療現場では深刻な看護師不足が続いています。看護師の確保にあえぐ病院にとっても、より働きやすい環境を作る事が求められている状況なのです。働くお母さん看護師が、お子様の心配をする事なく現場で活躍し続けてくれる事は医療現場にとってもメリットの大きな事と言えるのでしょう。

また、院内保育のメリットとして、その利用価格も魅力的です。経済的な負担も少なく、安心してお子さんを預ける事が出来れば心置きなくお仕事をがんばる事も出来るのではないでしょうか?