看護師3年目の転職は、目的重視で

3年目の転職は目的をよく考えよう

看護師3年目の転職は、目的重視で

看護師の転職を考える上で、3年目というのは1つの節目と言えます。いくつかのパターンについてご説明しましょう。

まず1つめはクリニックへの転職です。看護師という職業の大変さ、多忙さは、知ってはいたものの、就職してから改めてそれに気付くものです。 看護師としての仕事は続けたいが、もう少し余裕を持って働ける職場が良い、と考える方には、クリニックへの転職は良い選択肢といえます。

看護師も3年目になると、臨床経験もある程度積んでいますので、点滴や採血といった診療補助業務も無難にこなせるようになっているでしょう。クリニックでの業務は上記のような診療補助がメインであり、仕事のペースもゆったりしているのでお勧めです。

2つめは、大学病院・総合病院への転職です。看護師として、自分のスキルを更に高めたい、というのであれば、規模も大きく、設備も進んでいる大学病院・総合病院がお勧めできます。

また、福利厚生という観点から見ても充実していますので、そのあたりを重視する方にも選択肢としてありでしょう。日勤に拘らなければ、夜勤によって更に高収入を実現することもできます。

3つめは、CRC(臨床研究コ-ディネ-タ-)への転職です。新薬の開発に関わり、他の業種のお客様の所に出かけることもしばしばです。通常の看護師のイメージとは異なるワーキングスタイルですが、新しい分野に挑戦してみたいという方にはお勧めできます。

CRCという仕事は、経験次第で大幅な年収アップも夢ではありませんので、より高収入を目指す方にも向いています。

最後は、訪問看護・デイサービスへの転職です。医師が同行しないこれらのサービスは通常、中堅クラス以上の看護師が多いので、3年目だと不安に感じる方もいるでしょう。

しかし、最近ではOJT形式で、業務の中で指導を行ってくれる職場も出てきていますので、訪問看護・デイサービスという業務自体に興味がある方には意外と狙い目の職種と言えるでしょう。