看護師求人、転職するなら都会?地方?

都会と地方での働き方のちがいとは?

看護師求人、転職するなら都会?地方?

医療機関や企業など、看護師の働き口は全国津々浦々に存在しています。転職を決意し働き口を探すとなると、比較的フットワークの軽いシングル看護師にとって最初の選択は、都心への転勤か?地方への転勤か?という物になるでしょう。

もちろん、有無を言わず自分が暮らしているエリアでの転職を選ぶ方も大勢いらっしゃいます。

しかし、転職はその後の人生を決定付ける重要な選択です。転職先の選択肢を広げる事で可能性を高める事も重要な事なのではないでしょうか?都会か、地方か・・・。同じ看護師という職業でも、選択によってライフスタイルは大きく異なります。自分自身が重視したいメリットを把握して、後悔の無い選択をしましょう。

そもそも、都会への転職を地方への転職を比較した際、より人気が高いものはやはり都会です。都会では規模の大きな病院が多く、看護師の研修制度や医療機器も充実しており看護師としてのキャリアを高めるには絶好の環境だと言えるでしょう。

しかし、人気の高さはイコールして求人倍率の高さにも繋がります。多くのキャリア志向の看護師は都会での求人に狙いめをつけていますので、看護師転職に成功したとしても入職後の生活や業務は精神的な余裕が少ない物になりがちになってしまいます。

キャリアやスキルなどを重視した価値観の持ち主であれば、その生活に不満を抱く事もないかも知れませんが、もしも他のポイントに価値観を抱くタイプであると自覚をお持ちなのであれば、あまりベストな選択とは言えません。

地方への転職について

地方への転職では精神的な余裕に伴う充実感を得やすいと言えるでしょう。収入面では都会への転職に敵わないかも知れませんが、そもそも地方では物価も高くありませんのであらゆる視点からみてもゆとりある環境である事は間違いありません。

また、近年叫ばれる看護師不足は地方にいくほど深刻で、都会よりもスムーズに転職先に出会う事ができるはずです。都会への転職か、地方への転職か、そのメリット・デメリットを見極め、より自分の価値観に近い選択をして下さい。

助産師と保健師はどう違う?

助産師といえばお産に関する仕事を担当する職業との認識が強いかもしれませんが、それだけではありません。仕事の中で母子保健指導を行うこともあるのです。現在の日本では核家族化や少子化問題が騒がれていますが、こういった問題を裏からサポートするのも助産師の仕事だと言えるでしょう。

では保健師とはどういった仕事をする人のことなのかというと、病気の予防に関することが中心です。

疾病予防だけでなく、人々の健康管理を担当することも多く、地域に住んでいる住民が健康的に過ごすことができるようにサポートするのが保健師の仕事です。その中で健康指導を行ったり、生活スタイルの見直しを提案したり、担当する仕事は多岐にわたります。

ほとんどの保健師は公的機関を勤務先としているのですが、活躍の場はそれだけではありません。企業や工場、病院などでも健康に関する細やかな指導ができる人間として活躍しているのです。

時代と共に担当する仕事や求められる知識は変わってきますが、保健師はこれからも様々な職場で活躍が期待できるでしょう。

助産師と保健師は、健康に関する仕事をするという点では同じだと言えます。ただ、助産師というと仕事の中で接するのが多いのは女性ですよね。この点が大きく違います。

また、保健師が健康全般に関することを対象としているのに対し、助産性は女性の健康とお産に関することが中心となっているというのも違う点です。助産師の仕事のひとつに、思春期の女性に対する性知識のアドバイスというものが挙げられます。

他にも妊娠に関することを質問されることもあれば、結婚や家庭生活に関することを相談されるのも珍しくありません。

総合的に健康をサポートする保健師に比べると、助産師は女性の生活や体に関する深い知識を持ち、同じ女性として精神面でも女性を支えられる存在だと言えるでしょう。こういった違いを理解し、保健師と助産師のどちらを目指すのか考えてみてはどうでしょうか。

看護師と助産師の年収差

高収入が期待できる仕事はいろいろありますが、その中の一つが看護師です。看護師といえば忙しく働いているイメージが強いものの、収入も多い印象がありますよね。

ただ、実は仕事が忙しいわりにそれほど稼げないという現状があるようです。平均的な給与は30~35万円となっており、これは各種手当を含めた金額となっています。

では基本給はどれくらいなのかというと、30万円未満の方が多いようなので、残業代や手当が発生しないと収入は平均よりも低くなってしまうでしょう。そのため、極端に高収入とは言えないかもしれません。

実際に給料に不満を持っている看護師はとても多いのが現状です。給料をアップするために転職を考える人もたくさんいるわけなので、看護師=高収入とは言えません。

助産師の場合はどうなのかというと、看護師よりも給料が良いのが一般的です。そもそも、助産師になるためには先に看護師資格を取得しなければならないため、助産師は看護師としての知識や技術も持っている存在ということになります。

こういった理由もあり、どうしてもより多くの知識と技術を持っている助産師のほうが収入は上なのです。

例えば、助産師資格を持っていると資格手当が支給されるところもあります。これは月5000円~1万円ほどとそれほど極端に高いわけではありませんが、毎月支給されるというのは嬉しいですよね。

他にも様々な手当を用意している職場が多いため、転職をする際にはどういった手当が用意されているかというのも確認してから決めたほうがいいでしょう。実は助産師が働く職場の中には細かい給料システムがずさんなところも存在します。

そのため、残業や休日出勤をしたとしてもそれが給料に正しく反映されず、損をしている助産師もいるのです。こういったトラブルを避けるためには転職の際に評判が良い求人を選ぶことが何よりも大切だと言えるでしょう。

転職してからそういった実態に気付いたとしてもすぐに職場を変えるのは難しいので、事前に情報をしっかり集めることが大切です。