都会と地方での働き方のちがいとは?

看護師求人、転職するなら都会?地方?

医療機関や企業など、看護師の働き口は全国津々浦々に存在しています。転職を決意し働き口を探すとなると、比較的フットワークの軽いシングル看護師にとって最初の選択は、都心への転勤か?地方への転勤か?という物になるでしょう。

もちろん、有無を言わず自分が暮らしているエリアでの転職を選ぶ方も大勢いらっしゃいます。

しかし、転職はその後の人生を決定付ける重要な選択です。転職先の選択肢を広げる事で可能性を高める事も重要な事なのではないでしょうか?都会か、地方か・・・。同じ看護師という職業でも、選択によってライフスタイルは大きく異なります。自分自身が重視したいメリットを把握して、後悔の無い選択をしましょう。

そもそも、都会への転職を地方への転職を比較した際、より人気が高いものはやはり都会です。都会では規模の大きな病院が多く、看護師の研修制度や医療機器も充実しており看護師としてのキャリアを高めるには絶好の環境だと言えるでしょう。

しかし、人気の高さはイコールして求人倍率の高さにも繋がります。多くのキャリア志向の看護師は都会での求人に狙いめをつけていますので、転職に成功したとしても入職後の生活や業務は精神的な余裕が少ない物になりがちになってしまいます。

キャリアやスキルなどを重視した価値観の持ち主であれば、その生活に不満を抱く事もないかも知れませんが、もしも他のポイントに価値観を抱くタイプであると自覚をお持ちなのであれば、あまりベストな選択とは言えません。

一方、地方への転職では精神的な余裕に伴う充実感を得やすいと言えるでしょう。収入面では都会への転職に敵わないかも知れませんが、そもそも地方では物価も高くありませんのであらゆる視点からみてもゆとりある環境である事は間違いありません。

また、近年叫ばれる看護師不足は地方にいくほど深刻で、都会よりもスムーズに転職先に出会う事ができるはずです。都会への転職か、地方への転職か、そのメリット・デメリットを見極め、より自分の価値観に近い選択をして下さい。